MacのPython環境をPyenvに構築する

Macで複数のバージョンのPythonを管理したい時には、pyenv(Pythonのバージョンマネージャ)を使うそうです。
(普段業務で使っているMacでは、色々やりすぎてかなり複雑になっちゃっているが、、笑)

少し調べてやってみたので、メモがてら。

pyenvをインストール

まず、gitからpyenvをホームディレクトリの .pyenv にcloneします。

$ git clone git://github.com/yyuu/pyenv.git ~/.pyenv


pyenvにパスを通す

~/.bash_profile(~/.bashrc などでも大丈夫)に以下を追加します。

export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"
export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"
eval "$(pyenv init -)"

直接編集はちょっと、という方は、echoを使ってターミナルから追加しても大丈夫です。

$ echo 'export PYENV_ROOT="$HOME/.pyenv"' >> ~/.bash_profile
$ echo 'export PATH="$PYENV_ROOT/bin:$PATH"' >> ~/.bash_profile
$ echo 'eval "$(pyenv init -)"' >> ~/.bash_profile


sourceコマンドで有効化を忘れないように。

# .bash_profile はパスを追加したファイルに適宜修正
$ source ~/.bash_profile


pyenvにPythonをインストール

ここまでで pyenvにパスが通ったはずなので、好きなPythonのバージョンをインストールします。

$ pyenv install --list

Available versions:
  2.1.3
  2.2.3
  2.3.7
  ・・・

ここでは、"2.7.13"と"3.5.3"をインストールしました。(特に意味はないですはい。)

$ pyenv install 2.7.13
$ pyenv install 3.5.3

インストールができました。インストールしたPythonは ~/.pyenv/Version/ 配下に配置されます。
インストールした後は、shimのリフレッシュを忘れないように。

$ pyenv rehash


使うPythonを指定

実際に使うPythonのバージョンを指定するのですが、ローカルで使いたい場合とグローバルに使いたい場合で記述を分けます。

# ローカルで使用
$ pyenv local 3.5.3

# グローバルで使用
$ pyenv global 3.5.3

上記で指定した後、pythonの場所が .pyenv 配下になっていれば大丈夫です。

$ which python

# /Users/user_nm/.pyenv/shims/python


pyenvのPythonをアンインストール

pyenvのPythonをアンインストールしたい場合は、通常のPythonアンインストールコマンドをpyenvに変更するだけです。

$ pyenv uninstall 3.5.3


とりあえずここまで。